オプション・ツール紹介

複数台帳連携機能

ご使用の地図データベースの豊富な情報を活用する検索方法を複数ご提供しています。
目的地の住所・目標物・宅名を検索し、瞬時に地図表示することができます。
また、地図の拡大縮小・スクロール方法も複数のタイプをご用意。 目的に応じた地図表示を行うことができます。

複数台帳連携機能

年数自動更新機能

[経過年数]や[年数]を管理する場合、別の項目に登録されている年月日を基準にし、項目の値を自動計算する機能です。

年数自動更新機能

台帳表示拡張機能

台帳カード項目のサイズや並び位置を、お好みのレイアウトへ自由に変更できます。
見やすい・使いやすい台帳カードが作成できます。

台帳表示拡張機能

台帳カードコピー機能

Excelの行コピーやシートコピーのように、登録済の台帳データを複製して、新規レコードとして追加することができます。
新規データ登録作業のご負担を軽減します。
登録済データの地図リンク情報も同時にコピーされます。

台帳カードコピー機能

対象物強調表示機能

あらかじめ設定しておいた条件に基づき、常に地図上を色分け表示した状態でシステムを利用することができます。

対象物強調表示機能

台帳一括編集機能

洗い替えや配置換えなどの際に、複数レコードのデータ内容を一括で編集(置換)できる機能です。

台帳一括編集機能

セキュリティ強化機能

操作権限の詳細な設定が可能となります。
また、利用者の操作ログを蓄積する機能も備えており、LmapⅣで管理する情報のセキュリティを高く保つことが可能となります。

セキュリティ強化機能

システム連携機能

住所や座標値の位置情報、もしくは、顧客Noなどのキーコードを引数にして、
基幹系システムからLmapⅣを起動することができる機能です。

システム連携機能

マーケティング機能
近日リリース予定

地図上に展開する顧客データ等のお客様データを対象に、統計データを利用した面的なシェア率の算出・色分けが可能です。
また、集計結果をExcelファイルに出力して各種レポートを作成することもできます。

※統計データなどのマーケティングコンテンツは別途購入が必要です。

マーケティング機能

マッチング強化機能
近日リリース予定

標準の住所マッチング機能では対応していない新・旧漢字、カタカナ・ひらがなの違いへの対応や、
特殊住所の文字列置き換えによるマッチングを可能とします。

※文字列置き換えに必要な対応表の作成が別途必要になる場合がございます。

マッチング強化機能

データ連携ツール

基幹系システムとの二重登録を回避するため、LmapⅣへデータを自動取り込みするツールです。
(スケジュール等の詳細な設定が可能です。)
例えば、定期的に自動でバッチ更新を行うことにより、基幹系システムと同じデータを地図システムで利用することができます。

データ連携ツール

Shape入出力ツール

別GISシステムとの連携のため、Shapeファイルでのデータ受け渡しを可能にするツールです。
市販の地図コンテンツをご使用される際にもご利用いただけます。
他システムで編集したデータをshpaeに出力し、LmapⅣで取り込む、などといったことが可能となります。

Shape入出力ツール

データマージツール

複数の拠点でLmapⅣをご利用される際などに、各々で登録したデータを統合させることができるツールです。
例えば、各支店で更新するデータを本社用に集約するなど、NW版でなくてもデータの共有が可能になります。

データマージツール

自動バックアップツール

LmapⅣに登録したデータ(台帳・ユーザレイヤ図形)を保護するため、定期的に自動でバックアップをとるツールです。
SA形式の自動バックアップを取得しておくことで、ネットワーク障害時などにSA版を使用できるようにするなど、緊急災害時への対応を行うことができます。

自動バックアップツール